独力でのわきがの対策

独力でのわきがの対策について紹介しています。
自分はわきがと思われたくないので対策として、バランスよい食事の心がけとミョウバン水溶液を作って脇に塗っています。
バランスの良い食事は日常から心がけています。

肉類や脂肪分を多く含む食べ物は控えめにして、野菜や和食などを食べるようにしています。
そちらの方が栄養も豊富に含まれているので、健康的にもいいですし、臭いの原因になる肉類は極力避けるようにしています。
あと、わきがと対策としてしているのは、ミョウバン水溶液を脇に塗るとわきがの臭いがなくなると聞いたのは、嫁のお義父さんからでした。
嫁が子供の時に、あせもや肌荒れにミョウバン水溶液をよく使っていたらしく、体の臭い消しにも使えると教えてくれました。
ミョウバン水溶液を作るのは簡単で、水2リットルに対してミョウバンを50g入れて溶かすだけです。
あとは、スプレーなどに入れ、独力で気になる臭いの部分にかけたり、塗ったりするだけです。
制汗剤などのように匂いが長持ちするわけではないので、臭いが気になりだしたらミョウバン水溶液をつけるようにしています。

わきがの治し方 制汗スプレーとの関係について